矢澤 に こ コスプレ

その後、鳳仙によって日輪が実の母親でないことを明かされるが、それでもなお日輪を母親として救おうとし、後から来た銀時の手助けによってついに日輪と母子として再会を果たした。事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落し死を覚悟したが、目を開けると何故か人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープしていた。 ここまで講談社が力を入れたとはいえ、決して守った作品を作ったわけでは無い。